自分の指した将棋などで考えたこと参考になったことなんかをメモしていきます。
night walkerのメモ帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
第33期棋王戦第1局を見てメモ
2008-02-16-Sat  CATEGORY: 未分類
某所に書いたメモの転載です。


つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
タイムトライアル
2006-09-29-Fri  CATEGORY: 未分類
近代将棋11月号秋の詰将棋です。
電車に乗っている合間にやってます。
いい暇つぶしになります。

久喜に60分前後で、大宮に90分弱で着くので(途中で列車連結作業をするかで変わる)、それを目安にしながら解きます。
つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
アマ竜王戦大反省会…。
2006-06-02-Fri  CATEGORY: 未分類
お久しぶりです。
何気にいろんな人がここを見てるんですね(;^_^A
ありがとうございます。
みなさんローカルなのをよく見つけますね。

銀の特性ついて話すといって幾日も経ってますね。ごめんなさい。
携帯からログインができないんですけど、何が問題なのかわかりません。
もっとも、携帯からでは図面を載せるのも大変なので、あまり変わらないのですが…。

まあ、タイトルに書いてあるように、アマ竜王戦は県大会の時点で実にあっさりと終わりました。
予選のブロックで今年のレーティングに出てたKさんと元アマ竜王のAさんと
同じブロックに入って飛ばされました。
どうせなら、もう一人アマ七段のKさんも同じブロックに入れば面白かっただろうに(苦笑)。
参加者23名にしては(だからというべきか?)ユニークなブロックができたもので、
憐れな復帰戦となりました。
何人かの人に同情されましたが、同情されないようにしたいものです。

で、反省会。
Aさんとの将棋で勉強になったことがいくつかあったので、メモ。
Aさんと指すのは初めてで楽しみにしていた。
先手になったので矢倉を目指し、Aさん得意の急戦矢倉を誘ってみた。

まず感心したのが第1図。
hannsei-1.gif

30分切れ負けにもかかわらず、ここで緊張を強いられる局面になってしまった。
△5二金を保留して置いた点に感心。矢倉中飛車の含みもある。
矢倉中飛車が嫌というわけでなくて、それを拒否している駒組みのつもりだったので、
矢倉中飛車になるだけで不愉快ということ。
5手目に▲6六歩と突いても矢倉中飛車にされるなら5手目に▲7七銀を選択する。
話は戻して第1図では△7三桂が気になっていた。
▲7七銀だと△5二飛で矢倉中飛車になるし
(実は△7三桂が早いので、このタイミングの矢倉中飛車なら気にしなくても良かった)
▲2四歩だと▲2四同飛の瞬間に△6五歩の筋も気になる
(▲2八飛△6六歩▲同角△同角▲同金△2三歩となるなら先手不満なし?)し、
平凡に△2三歩▲2八飛△8五歩▲7七銀△5二金▲3六歩△5三銀のようになったときに、
飛車で歩交換をしてしまったために角を引きにくいので、この後の構想がよく分からなかった。
緊張して次の手を待っていると、何のことはない。あっさり△3三銀。
あうう……。定跡やら常識を知らないとこういうところでロスが出てしまうのが辛い。

しばらく進んで第2図となった。
hannsei-2.gif

△8一飛とされた経験はあったが、△8三飛は初めてみる手。
ここで、将棋にない手を指して終わってしまったのだが、
▲4六銀△6四銀▲3五歩△7五歩▲3四歩△7六歩▲同金くらいで難しかったと思う。
実に普通の進行。普通に指せないのが悲しいですな。
ちなみに、第2図の局面は今考えていることに関連するので、
あとでまた触れたいと思います。

しょうがないんで、アマ名人戦がんばります。
はい、反省終わり。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
すみません
2006-05-10-Wed  CATEGORY: 未分類
なんか家のパソコンがネットにつながんないので更新できません。
いろいろ書きたいことはあるんですが……。
ページトップへ  トラックバック0 コメント6

<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 night walkerのメモ帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。