自分の指した将棋などで考えたこと参考になったことなんかをメモしていきます。
night walkerのメモ帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
基本の確認
2007-03-30-Fri  CATEGORY: 極私的将棋観
何か嫌な予感がすると思ったら、絡まれていましたか。よくある。
私のタイムでは高が知れています。上には上がいる。


ともあれ、5手詰ハンドブックを11分ちょっとで解くのはすごい。
一問あたりおよそ3.3秒ですか。まさに神ですな。素晴らしい。

詰将棋解答選手権に出てほしいものです。


私は出る意欲が日に日に薄れています(汗)。いけませんなあ。



以下は簡単なメモ。
突っ込みどころ多し。
ヒマなときに手直しをしたい。



居飛車急戦対振り飛車戦における、振り飛車側の香車の位置について考える。
(以下はすべて居飛車側が先手として考える)


(1)居飛車が銀を中心に使う急戦(棒銀、斜め棒銀)なら香車を上がる。
(2)居飛車が桂を中心に使う急戦(▲4五歩早仕掛け)なら香車を上がらない。


なぜか。それぞれの戦法の狙いが違うから。
(1)は角を攻める狙いの戦法で、(2)は角交換を狙う戦法である。

(1)の場合、振り飛車の角を攻められた後、居飛車の角に1一の香を狙われやすい。
また、角を交換した後に▲2二角と打たれて、取られる可能性が高い。
そこで、前もって△1二香(△1三香)と逃げておく。


(2)の場合、振り飛車側は▲2四歩に△同歩とするなら、2筋を破られる。
居飛車の攻めを迎え撃つというわけだ。
この場合、居飛車が攻めるとその反動によって、振り飛車側もある程度さばけ形になる。
すると、急な流れになるので、居飛車の角に香車を狙われる可能性は下がる。
よって、居飛車の攻めを迎え撃つために、香車を上がる手を他に回すほうが効率が良いことになる。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントさくらい | URL | 2007-04-01-Sun 11:51 [EDIT]
ゆっきーと君とねほくんあたりは別格だと思ったんですけどね、指し将棋に関してもですけど。彼はおととしは詰め将棋選手権にでてましたね。
コメントnight walker | URL | 2007-04-04-Wed 02:29 [EDIT]
>>さくらいさん
レス遅れてすみません。
自分自身毎日見ているわけではないので…(ぇ

私よりも早い人は多いですよ。本当に。
あと、ここ1・2年は想像力の低下による衰えもありますね。
大学1・2年の頃までがピークのような感じです。
前よりはっきり遅くなっています。前が早かったかも疑問ですが。
日々の鍛錬が大事ですね。たるみ過ぎです。

詰将棋解答選手権は定員制で、しかも、5月5日はイベント豊富なので(第17回世界コンピュータ将棋選手権とレーティング選手権がある)、早いところ出るかどうか決めないといけません。
困ったものです。
トラックバック
TB*URL

<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 night walkerのメモ帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。