自分の指した将棋などで考えたこと参考になったことなんかをメモしていきます。
night walkerのメモ帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
竜王戦第1局のメモ
2006-11-07-Tue  CATEGORY: 雑記
前回のやつを前提知識として、竜王戦第1局を自分なりに考えてみます(序盤だけ)。
第2局もすでに終わっているんですけどね…。
しかも、「将棋世界」に自戦記出ているし。
内容被るし。
竜王戦では先後同形の第1図から

ryuoh-1.png

▲4五歩 △同 歩 ▲3五歩 △6五歩 ▲同 歩 △4四銀
▲2四歩 △同 歩 ▲1五歩 △6五桂 ▲2二歩 △同 金
▲6四角 (第2図)
ryuoh-2.png

と進んで、大熱戦が展開されました。






同形腰掛け銀(第1図)から▲4五歩△同歩▲3五歩△4四銀となったとき、3つの攻め方があることは前に示しました。
つまり、
?▲7五歩?▲2四歩と桂頭を狙う指し方。
?▲2四歩からジッと2筋の交換をして、「次に」▲7五歩の攻めを見せる指し方。
?▲1五歩?▲7五歩?▲2四歩と攻め筋を増やして、激しく攻める指し方。
の3つです。


で、お気付きかと思いますが、?と?は先手がほぼ一方的に攻める展開、?は後手が攻める展開(あるいは攻め合いの展開)になりやすい。
つまり、?と?は7筋にキズを作る代わりに、△6三金と受ける手を余儀なくさせて、先手が手番を握り続けて攻められる。
?は先手陣が安定している代わりに、手番を後手に渡している(△6三金と上がる必要がない)ので、後手は反撃に出られる。


第1図の数手前を考えます。大抵の場合、第3図の局面になります。
ryuoh-3.png


第3図から△7三桂▲2五歩△3三銀と進んで第1図になります。
で、▲4五歩から仕掛けるわけです。

ここで考えて欲しいのは、△7三桂は攻めの手であるのに対して、△3三銀と上がってからの後手の指し手は受けの手であることです。
形勢云々ではなく、攻めの態勢を作りながら、受け一方になってしまうことに不満を感じる人もいるでしょう。

ryuoh-4.png

昔の千日手の形は(第4図)、「升田定跡」が優秀だったこともありますが、攻め合いに持ち込めないなら最初から受けに回ったほうが効率がよいと考えた人が考案したのでしょう。
桂を跳ねても目標にされるだけ。それなら跳ねないほうがいいと考えるのは自然かもしれません。


第1図のように、△7三桂と跳ねた意思を通そうとするならば、▲4五歩△同歩▲3五歩に△6五歩▲同歩△7五歩と反撃するべきですが、それは前回書いたように▲2四歩△同歩▲6六角△4四角▲4五桂△6六角▲同銀が好手順。これは手得した先手が指せます。
しかし、▲3五歩に△4四銀とすると、△6五歩を入れるチャンスがなくなってしまう。
△6五桂と跳べないと反撃するのに時間がかかります。

そこで渡辺竜王が指した、▲3五歩に△6五歩▲同歩△4四銀と攻めたり受けたりの複雑に指す手が出てきたということですね(第5図)。
ryuoh-5.png

桂頭を攻められる前なら△6四角の筋も狙えるので、△6五歩は入ります。
そして、△6五歩を入れておけば、▲7五歩の筋は△6五桂と逃げられるので無効です。

△6五歩?△4四銀に▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛とすると(第6図)、第1図から▲4五歩△同歩▲3五歩△4四銀▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛△6五歩▲同歩とした局面と同じになります(第7図)。
ryuoh-6.png

ryuoh-7.png




以下、△7五歩▲6四角…の展開は現在も指されている形であり、難解ですが、この形に限定できれば後手としては不満がない展開といえましょう。


先手としては、第6図にならないように、別の手段をとりたいところ。
一歩持っていることと、△4四銀と上がり1筋・2筋が薄くなったことを考えれば、▲1五歩△同歩▲1三歩△同香▲2四歩(これをどのタイミングで突き捨てるかは微妙な問題)△同歩▲同飛の攻め筋が思い浮かびます。
以下△2三歩▲2八飛で次に▲1二歩(△2二玉の受けは▲1一角が王手銀取り)、▲2五桂、▲1四歩△同香▲4七角などの攻めがあって満足。
第5図から佐藤棋聖は▲2四歩△同歩▲1五歩と攻めました。

▲1五歩は取れない。
▲1五歩に△7五歩も▲2二歩△同玉(△同金)▲1四歩となると先手の攻めが早い。


後手としては、かなり忙しい意味があります。急いで反撃をしなければならない。
それで、渡辺竜王は△6五桂(第8図)。
決断の一手ですが、7筋が入ってないと攻めに端が入らないので難しいところ。


竜王戦の△6五桂の局面(第8図)は、第6図で△6五桂と歩を取った局面(第9図)とほぼ同じです。
ryuoh-8.png

ryuoh-9.png





第8図と第9図を比較したとき、
後手から第8図を見ると、まだ△2三歩と受けていないので、一歩を攻めに使えるのが利点。
先手から第8図を見ると、▲1五歩とアヤをつけているのが利点。
ということでしょうか。どちらが得しているのかさっぱり分かりません。


第9図の局面になった代表的な将棋は、第4期竜王戦7番勝負第5局の▲谷川?△森下戦。
第9図から
▲6六銀 △6四角 ▲5九角 △4三金右 ▲6五銀右 △同 銀
▲同 銀 △5五角 ▲7七銀 △8六歩 ▲同 歩 △3六銀
▲4八金 △4六歩 ▲5六銀 △7三角 ▲4五歩 △3五銀
▲6四歩
と進展すると、先手が有利のようです(第10図)。
ryuoh-10.png



上記手順中、△4三金右で△8六歩▲同金△8七歩から攻める実戦例もありますが、これも後手が大変と定跡書にはあります。
渡辺竜王の研究手順を見たかったように思いますが…。


ただ、佐藤棋聖は単に▲6六銀とすると、△6四角と▲5九角の交換が不満なので、▲2二歩△同金▲6四角と妥協のない指し手を選んだのかなと推測します。
棋風が出ていますね。



力尽きました。中途半端なところで店じまい。
いくらでも書きようがあるでしょうに…。
人生やり直したいくらいです。
ああ、申し訳ないです。

ツッコミ待っています。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL

<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 night walkerのメモ帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。