自分の指した将棋などで考えたこと参考になったことなんかをメモしていきます。
night walkerのメモ帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
差異文責思考法
2006-10-13-Fri  CATEGORY: 極私的将棋観
竜王戦は熱戦でしたね。
角換わりだったので、ネタに使えそうですね(笑)。
まず、その前にこなしておくべき事があるので、それをひとつ。


差異分析思考法。何のこっちゃという感じですが、それも当然。
私の中でそう読んでいる局面の考え方のことです。俺ルールってやつですか。
難しそうな言葉を使っているように思えますが、皆さんが無意識にやっていることに名前をつけただけのことです。
差異分析にもいくつか種類はあるのですが、そのひとつを紹介しましょう。


第1図。四間飛車に対する▲4五歩早仕掛けの局面。
多くの定跡書で解説されている局面です。最も基本的な形というわけです。
sai-1.png

第1図を数手戻すと第2図になりますね。
第2図から▲4六歩△6四歩▲4五歩△6三金▲3七桂△7四歩で第1図となります。
sai-2.png

ところで、第1図の実現可能性はどの程度でしょう。
第2図からの後手の駒組みは、△6四歩・△6三金・△7四歩とする3手が基本として、他にも△6四歩・△7四歩・△7三桂とする指し方、△6四歩・△7四歩・△1二香としたり、△6四歩・△6三金・△1二香としたり、△6四歩・△6五歩・△1二香の組み合わせなど、いくつかの駒組みの進め方が考えられます。その上に端歩の形が違うとか言い出したらキリがないですよね。

そう考えると、純粋に第1図になることは案外少ないのではないかと思います。
そういった微妙な形の違いまで定跡書で詳しく解説されていることはまれで、実戦では第1図からの基本的定跡手順をベースにして、有効そうな手順を互いに選択していくわけです。
具体的にいえば、▲2四歩△同歩▲4四歩△同銀▲4五歩と仕掛けたときに、振り飛車側は△4五同銀とするべきか、あるいは△5三銀とするべきか。また▲4五歩を△同銀と取ったとして、居飛車側はそこで▲4五同桂とするべきか、▲3三角成△同桂▲8八角と攻めるべきか。こういったことを第1図からの定跡手順との違いを考えながら、指し方を選択するということです。

基本的な知識をベースにして、似て非なる局面を考える。
これが、差異分析思考(の1つ)です。
無意識にやっていませんか。きっと、皆さんやっていますよね。そういうことです。


私が最近指した将棋を差異分析思考法に基づき考えましょう。
第3図。便宜的に先後逆にしています。先手が私です。
sai-3.png

この局面(というよりこの数手前)で思い出すのが、第4図。
sai-4.png

2年くらい前に行われた山崎?羽生戦です。
王位戦の挑戦者決定戦だったので印象に残っていたのでしょう。
第4図から▲2八飛△5七角成▲1五角△2四歩▲同角△同馬▲同飛△5七角…と進み、熱戦が展開されました。第4図で以下の進行で△5七角成とされたときに、6七と4七の歩をいっぺんに守るための良い手段がありません。
そこで、▲1五角から馬を消しましたが、△5七角とやはり馬を作られました。
先手が不利になったというわけではありませんが、乱戦になっています。

以上のことを基本的な知識として、第3図と第4図の差を考えます。
第3図では後手に飛先の交換をされている代わりに▲7八金と上がっています。
▲7八金と上がったことの得はどこにあるでしょうか。
それは6七の歩や8八の銀を守っていることです。
第3図ではあらかじめ6七の歩を守っているので、△5七角成に一回▲4八銀と上がることができます。△6七馬と歩を取れません。

実戦は第3図以下、▲2八飛△5七角成▲4八銀△3五馬(△5六馬は▲1五角△2四歩▲同飛でダメ)▲1五角△2四歩▲同角△同馬▲同飛△3二金▲2八飛△2三歩…と進み、第4図の進行に比べて▲4八銀の一手を得して、手得の上に△5七角と打たれるスキも消すことに成功しました。
▲7八金と上がっている得を最大限に生かして先手大成功です。

今回は基本的な知識を元にして、それと現在指している将棋との差を比べたのですが、差異分析思考は他にもありますので、また紹介します。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
▲7八金の効用
コメントしのだ | URL | 2006-10-13-Fri 01:39 [EDIT]
余計な突っ込みですが、▲7八金は6七の歩だけでなく8八銀にも紐つけてますよね。
コメントnight walker | URL | 2006-10-13-Fri 13:35 [EDIT]
>しのださん
ご指摘ありがとうございます。
▲8八銀にもヒモをつけているのですが、手順に関係がないので省略してしまいました。
そこにも触れるべきですね。訂正します。
ありがとうございます。
関係ない?
コメントしのだ | URL | 2006-10-13-Fri 21:02 [EDIT]
▲2四同飛に△3三角を防いでるんじゃないの??

山崎-羽生戦で△2四歩の瞬間▲6八金△3五馬の交換が入らないのは▲2四角△同角▲同飛に△3三角があるから・・・だよね。
コメントnight walker | URL | 2006-10-14-Sat 18:23 [EDIT]
▲6八金という手自体が見えてないのですが……。
そんな手があるんですね。驚きました。
トラックバック
TB*URL

<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 night walkerのメモ帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。