自分の指した将棋などで考えたこと参考になったことなんかをメモしていきます。
night walkerのメモ帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
利かし?利かされ?
2006-09-29-Fri  CATEGORY: 極私的将棋観
王座戦第3局。
もう、あのくらいの趣向は驚かなくなっている自分がいる。
もっと「くだけて」指せると思うので。
一理も二理もある作戦という認識。
その将棋で第1図のような形が出ましたが、これはどれくらい得しているのでしょうか。
kikashi1.png

通常(?)の形と比較するために第2図を用意します。
kikashi2.png


第1図と第2図のどちらが得している形といえるのか?
これが私にはわからない。

まず、第1図を考えましょう。
第1図のメリット。

1.2筋を抑えた事で後手は盤上にある戦力をこれ以上1筋に向けることは困難。
つまり、1筋の主導権を先手が完全に握ったといえる。
2.3二金が3三以外に動くと、▲2三歩成から飛車が成れる。
3.▲2六香や▲1五桂が受けにくい上に▲2三銀のような力技が生じる。
4.2筋の歩の条件の発生経路は、基本的に先手の2筋の歩交換→飛車を引く→先手が歩を垂らす(この間、桂馬は取れない)→△2二歩と受けるという過程を踏むことになる。その間に生じていた後手からの2筋逆襲を防いでいる。

第1図のデメリット。

2筋では歩の交換が出来ない。

といったところでしょうか。


では、第2図を考えましょう。

第2図のメリット。

1.歩を手持ちにしている。
2.例えば、第2図の形に後手に5三銀プラスして先手の持ち駒に角を用意する。
すると、▲2二歩△同金▲3一角の筋が生じる(第1図でも狙えるが一歩損する)。

第2図のデメリット。
1.歩切れになったとき△2四香の反撃がある。
2.▲2六香などの足し算攻めに△2二銀などと対応されやすい。

といったところでしょうか。

他にあれば、指摘してください。あるいは脳内補完してください。

どちらにもメリットがあり、デメリットがある。
こういったことを考えるとき、玉の位置や他の条件も組み合わせて考えるのがベターとなります。

矢倉などの場合、第1図のほうが明らかに勝るでしょう。
なにせ玉が囲えなくなっているわけですから。

横歩取り・相掛かり系はどうでしょう?
第1図、第2図いずれも端を狙いたいところです。
第1図の形で先手に角や歩などの持ち駒があればいいのですが(ほぼ受けなしなので)、2筋以外の場所で歩がうまく入るかどうか。
そう考えると、歩を多く持つ可能性の高い第2図のほうが実用性が高い?

王座戦のときは玉が8二。
2筋を抑えたポイントは高いが、振り飛車の焦土戦術に対してどれぐらい効果をあげられたのか?
第2図のように収めておいて、歩を持った利を主張することも可能だったのではないか?
左辺(3筋から左)だけで戦いが起きるなら、歩を持っているアドバンテージも大きそうな気がする。
ただ、後手が立石流含みの駒組みをしていたので、第2図のようにすると、△4四飛?△2四飛とぶつけられるおそれがあるので(▲3六歩を早めに突くことで一応阻止できる)、▲2四歩と抑えておく必要があるとは言えますかね。

素人にはわからないことが多すぎますね。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL

<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 night walkerのメモ帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。