自分の指した将棋などで考えたこと参考になったことなんかをメモしていきます。
night walkerのメモ帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
四間飛車への居飛車急戦のメモ
2011-05-12-Thu  CATEGORY: 雑記
だいぶ前に考えたことのメモを残しておく。古いネタ。
最近はすごい勢いで昔の知識が抜けていく。
そんなわけで、書いておかないと忘れる。
対四間飛車への急戦について

1.棒銀→(1)▲5七銀型(2)▲6八銀型→(1)(2)いずれも準急戦可能
2.▲4六銀左→(1)▲3四歩△同銀▲3八飛(2)2筋突き捨て(新鷺宮定跡)(3)▲3七銀引型準急戦(4)▲3七銀上型準急戦
3.▲4六銀右→(1)▲3四歩△同銀▲3八飛(2)準急戦(3)2筋突き捨て(?)
4.▲4五歩早仕掛け→(1)▲6九金型(2)▲6八金型(3)中原流(▲3五歩△同歩▲4四歩)(4)二枚銀
5.鷺宮定跡→(1)△4三銀に▲3五歩△同歩▲4六銀(2)△4三銀に▲4六歩
6.山田定跡→(1)△6四歩型(2)△5四歩型

ほかに5筋位取り、△3二銀型の中原流、富沢キック、右四間飛車などがある。

棒銀は△3二銀型にも△4三銀型にも指せるオールマイティ。
対振り急戦では、一番使いやすいと思う。
▲6八銀型の場合、角の転換(△4二角~△6四角)が生じやすいので注意。

準急戦を目指す場合、棒銀と4六銀は兄弟関係に当たる。
・棒銀から準急戦を目指すメリットは、前もって4六歩を突けるので後手から反発されにくい。
デメリットは、5七銀・6八金型で戦うことになりやすい(中盤で△5五歩が入りやすくなる、高美濃の桂が当たりやすい、△8四桂が生じやすい)こと。
よって、できれば6八銀型で準急戦にしたい(▲5七銀・▲6八金上の2手がプラスか不透明なので早めに仕掛けたい)。
・4六銀から準急戦を目指す場合、3筋から反発されやすい。また、▲4六銀左から▲3七銀上型を選ぶと▲5七銀型棒銀と変わらない。

▲4五歩早仕掛けは▲6九金型で仕掛けられると良いが、
そうはうまくいかないため棒銀や鷺宮定跡(2)と組み合わせて使う。
二枚銀は後手番で使う。
先手四間が△4二金上に▲3七桂と跳ねたら二枚銀。そうでなければ△6五歩早仕掛けを使う。

▲4六銀右の2筋突き捨ては、ほとんど指されたことのない形。
▲5五銀と出られるときに使える。
△4三角の変化で▲2四竜と歩を補充しながら桂にヒモをつける意味。

山田定跡(1)と鷺宮定跡の(1)は良くするのが大変。
どちらも工夫が必要。

藤井システムの流行で△6四歩(四間飛車が先手なら▲4六歩)を早く突く傾向にあるので急戦はやりやすくなっている。

書いたものの、思い出せないこともあった。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL

<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 night walkerのメモ帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。