自分の指した将棋などで考えたこと参考になったことなんかをメモしていきます。
night walkerのメモ帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
角換わりの同型腰掛け銀
2009-08-20-Thu  CATEGORY: 雑記
20090820_48.gif


上の図面は角換わりの同型腰掛け銀定跡の定跡形としてと知られていますが、
ここは本当に▲2四飛の一手なのでしょうか。

定跡書では▲1五香△同香▲7四歩は△7一香で先手不利と解説されていますが、
△7一香に▲3四歩とか▲4五桂としておくのはどうですか。
▲3四歩に△3六歩なら▲4五桂△3七歩成▲2四飛△2三歩に▲2六飛か▲1四飛か。
▲4五桂は後手が清算してきたら▲7三歩成?▲4四桂の意味です。
▲4四桂の厳しさが不明ですが…。
▲3四歩の方がいいかなと思います。

7五の拠点が大きいとはいえ、駒損はしていないこと、後手陣を乱していることを考慮して先手が何かできないものですかね。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL

<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 night walkerのメモ帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。