自分の指した将棋などで考えたこと参考になったことなんかをメモしていきます。
night walkerのメモ帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
昔のネタから 2
2012-12-29-Sat  CATEGORY: 未分類
一応、年に1回くらいは書いておこう。

角道を止めた四間飛車対居飛車急戦について少し。
居飛車の急戦策で二枚銀はマイナーな部類だが状況次第でそれなりに使える作戦。

20121229_1.gif
第1図。ここで△8六歩▲同歩△6六歩と仕掛けるのは居飛車が大変とされる。
また、△4二金上▲3七桂に△8六歩▲同歩△6六歩も、将来の▲4五桂が厳しいので居飛車が大変。
そこで、第1図では△4二金上▲3七桂に△8六歩▲同歩△6三銀(第2図)と二枚銀を用いる。


20121229_2.gif

第2図で▲4五歩には△8一飛(将来の▲4六角のラインを避ける)▲9八香に△7五歩▲同歩△6六歩▲7六銀△6四銀左と攻める。
この戦型は左銀が6四に出るため3七桂の目標にならない。よって、先手の▲3七桂は跳ね損(玉が狭い、端が弱い)と見ることができる。端攻めを切り札に持って指せるので後手番としてはまずまずだろう。


ちなみに、居飛車が先手のときの二枚銀は後手が△7三桂と跳ねないのでつまらないと思う。
普通に▲4五歩早仕掛けにすれば難解な勝負。
対振り急戦に限らないけれど、相手が得にならない変化を見極めるのが大事ということ。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0

<< 2012/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 night walkerのメモ帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。