自分の指した将棋などで考えたこと参考になったことなんかをメモしていきます。
night walkerのメモ帳
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
村山聖九段の対局から
2013-08-11-Sun  CATEGORY: 雑記
村山聖九段が亡くなって早いもので15年たったが、氏が残した激闘の譜は色あせない。
図は膀胱ガンの手術を受ける10日前に指したB級1組順位戦(1997年6月)。
当時の将棋年鑑にも載っている対局だ。
murayama_48.gif
図から▲3五歩△同歩▲6六角が新鮮な手順。
次に▲5五歩△同歩▲同銀から攻めようということだろうか。
▲6六角に実戦は△6四歩▲同歩△6五歩▲5七角△6四角に▲1五歩△同歩▲1二歩△同香▲3五銀から飛車を6五に転換し、先手が厳しい攻めを浴びせて快勝。
△6四歩と反発したのをとがめただけかもしれないが、▲4六銀・▲3七桂型で飛車を6五へさばくことを意識した最初期の将棋だと思う。
宮田新手から▲6五飛と転じた一号局▲勝又-△小野戦は2002年なので5年早い。

しかし、この将棋以降▲3五歩△同歩▲6六角とした将棋は見かけない。
宮田新手により▲5七角・▲6五歩型が減ったことと、後手から変化できるからだろうか。
図の△3三桂では△8四角▲6六銀△6二角という展開も指されている。
また、▲3五歩に△同銀は? という問題もある。
課題はあれど、ponanza新手を避ける指し方としては有力ではないかと思う。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
角換わり腰掛け銀と端歩
2013-08-04-Sun  CATEGORY: 雑記
角換わり腰掛け銀の序盤は、穴熊に囲う考え方も出ているので端歩を突くタイミングがまた難しくなってきたような。
先手は9筋を突かずに穴熊へ組むことも考えたい。
9筋不突穴熊の成否は不明だが、後手が牽制するならどうするか。
棒銀は対策が進んでいるからやりにくい。
9筋の位を取っての右玉はどうか。
ただ、右玉にしてから端歩を突くと受けられる可能性が高い。
しかし、先に位を取るのでは手が遅れて速攻される危険性もある。

後手は穴熊を入れるにしても1筋は必ず突くことになる。
1筋を突かないと▲2六歩・▲1五歩型から桂で端攻めを狙われそうだから。
これは矢倉▲4六銀・▲3七桂の△8五歩型と△9五歩型の考え方と同じ。


追記
もう少し具体的に。先手がもし9筋を突かずに腰掛け銀を目指した場合、
後手はリスキーだが、▲4七銀△6三銀▲6八玉に△9四歩と突くのはどうだろうか。
▲9六歩なら9筋不突穴熊の含みを消しながら無事に通常形へと戻る。
▲9六歩以外の手なら△9五歩から右玉を目指す。
▲4七銀が隙を作って、▲4五桂ポンは成立しにくいかと。
もし、速攻が利かないなら1手損角換わり対先手1筋位取り右玉風の将棋に進むと思われる(先後の違いと角交換での手損の有無で出入り2手違う)。
その場合、一手損対先手右玉と違って右玉側は千日手歓迎だし、攻めを受けるにしても端の位で玉が広くて楽。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
昔のネタから 2
2012-12-29-Sat  CATEGORY: 未分類
一応、年に1回くらいは書いておこう。

角道を止めた四間飛車対居飛車急戦について少し。
居飛車の急戦策で二枚銀はマイナーな部類だが状況次第でそれなりに使える作戦。

20121229_1.gif
第1図。ここで△8六歩▲同歩△6六歩と仕掛けるのは居飛車が大変とされる。
また、△4二金上▲3七桂に△8六歩▲同歩△6六歩も、将来の▲4五桂が厳しいので居飛車が大変。
そこで、第1図では△4二金上▲3七桂に△8六歩▲同歩△6三銀(第2図)と二枚銀を用いる。


20121229_2.gif

第2図で▲4五歩には△8一飛(将来の▲4六角のラインを避ける)▲9八香に△7五歩▲同歩△6六歩▲7六銀△6四銀左と攻める。
この戦型は左銀が6四に出るため3七桂の目標にならない。よって、先手の▲3七桂は跳ね損(玉が狭い、端が弱い)と見ることができる。端攻めを切り札に持って指せるので後手番としてはまずまずだろう。


ちなみに、居飛車が先手のときの二枚銀は後手が△7三桂と跳ねないのでつまらないと思う。
普通に▲4五歩早仕掛けにすれば難解な勝負。
対振り急戦に限らないけれど、相手が得にならない変化を見極めるのが大事ということ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
昔のネタから
2011-11-21-Mon  CATEGORY: 未分類
干支が一回りするくらい前に考えていたネタをメモしておきます。


つづきを表示
ページトップへ  トラックバック2 コメント0
ちょっと気になること
2011-11-19-Sat  CATEGORY: 未分類
流行している△5二玉型中原囲いの横歩取り△8五飛戦法。先手の対策も増えて駆け引きが難しくなってきましたね。
△4一玉型中原囲いも依然として指されていますし。

先手が1筋の位を取る作戦は△5二玉型中原囲いが現れた当初から指されていますが、後手が△1四歩と反発することも少なくないようです。
新人王戦の決勝三番勝負でも現れましたね。
その逆襲がうまくいかないなら問題ありませんが、成功してしまった場合、先手が1筋の位を取る意味はあるのかないのか。
ちょっと気になることです。

横歩取り△8五飛への有力策は新山崎流に絞られつつありましたが、いろいろなことが起きて、さらに△5二玉型中原囲いの登場でかなり世界が広がりましたが、しばらくすれば定跡が整備されていくのかなという気がします。
いくつかあったゴキゲン中飛車対策も、プロの将棋を見ると最近は超速に絞られてきた印象を受けます。
その他の対策はあまり見かけませんね。
ページトップへ  トラックバック2 コメント0

<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 night walkerのメモ帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。